長年使ったトイレの黄ばみをキレイにする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:949
  • ありがとう数:0

はじめに

トレイの便器って年数が経つにつれて、お掃除しても黄ばみが取れにくくなりますよね。

または汚れてすぐならブラシでこするだけでも十分だけど、時間が経つとなかなか取れない。

トイレの黄ばみは人間の尿に含まれるにょう石と呼ばれるものが老廃物が二酸化炭素と反応して、炭酸カルシウムが結晶化したものなんですって!

この結晶がアンモニアなどを吸収してニオイの素にもなっているそう(ノ◇≦。)

STEP1

このにょう石はアルカリ性だから酸と中和させるのが一番手っ取り早い!
なので、塩素等を含んだ洗剤で洗うことです。

STEP2

それでも落ちない長年こびりついた黄ばみは…付けおき洗い!

STEP3

黄ばみの上にトイレットペーパーを乗せて、その上から洗剤をかけてしばらく放置しましょう。
それからブラシなどでゴシゴシ擦ります。

STEP4

それでも取れない場合は、1000番程度の耐水ペーパーで黄ばみを磨くことです。

まとめ

気付いた時にすぐお掃除できれば一番いいんですけど、どうしても出来ない時はこの方法がいいですよ♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

洗剤 タワシ(ブラシ) トイレットペーパー

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ