体力的な疲れと、精神的な疲れの治し方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

貴方の仕事は肉体労働ですか?デスクワークですか?
どちらの仕事にも疲れというもはかならずあるもの。さて、どうやって解消してますか?無理していたりしていませんか?

STEP1肉体の疲れ

肉体的な疲れというものは、寝ることで一時的に解消はされますが、睡眠が浅いと疲れが取りにくいものです。
睡眠前になるべく長くお風呂の時間を取ること、寝る前にココアやホットミルクなど飲むことをおすすめします。寝る前にパソコンやipodなどはあまり触らない方が良いです。

なるべく長く湯船に浸かると、筋肉が柔らかくなり、また、深く眠りやすくなります。また、翌朝に朝風呂と称して朝に入る人は、前日にお風呂に入った方より疲れが残りやすいです。

寝る前のパソコンやipodは、単純に態勢がわるいと肩がこりやすくなります。また、長時間パソコンの前にいると眠れないという報告も幾つかあります。

STEP2メンタルの疲れ

精神的な疲れの解消法です。
メンタル面的に疲れやすい、心労がたまりやすいという人は、眠れない、不眠症といった悪い方向にすすんでしまうことがあります。眠れても翌朝起きてもやはり体がだるかったり、昨日のことを引きずる人も少なくないです。

そういう人はまず、趣味に没頭してみるといいでしょう。もしくはストレスを発散させる手段をみつけること。
趣味に没頭すれば、自分の好きなことをして一時的なものでありますが、心労などが解消されます。
ストレスを解消したい方は一人でカラオケに行くなど、大声で叫んだり、スポーツや、肉体を動かすことをしてみましょう。そうすれば、すっきりしますよ!

STEP3無理はしない

どちらにも言えることですが、無理はしないことが重要です。すこしでもだるいと思ったら病院に行き、仕事も休んでください。もし仕事を休めないならすこし手を抜いて作業をするのがいいでしょう。まあ休みますという人を無理やり出勤させる上司はいないかと思いますが。もしいるなら管理能力の低い方ですね!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ