“子どもの権利条約”から学ぶ子育てのポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:459
  • ありがとう数:0

はじめに

子どもの権利条約とは
1989(平成元)年11月に世界中の子どもが健やかに成長できるようにとの願いを込めて、国際連合の総会で採択され、日本は1994(平成6)年にこの条約を結んでいます。
「子どもの権利条約」では子どもの権利として4つの権利を守ることを定めていますので紹介したいと思います。

STEP1【生きる権利】

防げる病気などで命をうばわれないこと。

健康な体を守るために、健康診断や予防接種を受けたり、
病気やけがをしたら治療を受けられること。 など 

    

STEP2【育つ権利】

勉強したり、遊んだり、休んだりすること。

自由に物事を考えたり、信じたりして自分らしく育つこと。 など

STEP3【守られる権利】

あらゆる暴力から守られること。

家庭からはなれた方がその子どもにとってよいときや家庭環境を奪われた子どもは、保護や援助を受けることができる。など

STEP4【参加する権利】

自由に意見を言ったり、集まってグループを作ったり、
自由な活動を行ったりすること。

プライバシーや名誉がきちんと守られること。など

まとめ

子どもの話をちゃんと聞き、受け止めてあげましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ