節約上手な買い物の「最後の選択」とは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:284
  • ありがとう数:0

はじめに

1円でも節約するためには、タイムセールス時を狙う、空腹時に買い物に行かないなどいろいろな方法があります。ここでお話しする方法も、まさに「目からうろこ」の方法になるかも……!?

STEP1

次に買っておきたいものを思いついたときに「メモ」しておきます。
そのとき、お店のレイアウトを頭に入れておき、店内をまわる順に書いておくと便利です。

STEP2「メモ」を持って店内に入り、お目当ての品の前へ行きます。

そこで、ほんとうにこの品が必要なのか、家にある別の品で代用できないだろうか、次回に買っても間に合うのではないかなど、考え直します。

STEP3どうしても必要な品だけを選んで、かごへ入れていきます。

この方法を繰り返すと、予定していた買い物が半分くらいで済みます。

まとめ

ふだんから乾物などを常備しておくと、けっこう役に立ちます。新しく買うよりも、家のストックを使うことを優先的に考えると節約でき、料理に使う材料の応用もできます。

足腰の痛みがない人は、カートを使わずに、かごを持って歩くと買う量がセーブできます。

関連するタグ

必要なもの

衝動買いをやめるという心構え  予定の品を買わなくてもいいと割り切ること

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ