娘は父より10歳年上…戸籍係「いいかげんな仕事」が表面化=中国

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:453
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
 四川省の農村部で、1996年生まれの少女が戸籍上、1966年生まれと記載されていたことが分かりました。

家族も知りながら放置していたこのじじつを中国新聞社が報じたことを、下記URLが伝えています。

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/sech-20110405-20110405_00049/1.htm

STEP1

戸籍上の出生年月日が違っていたと証明されたのは、四川省に住む少女です。

1996年生まれですが、戸籍では出生年が1966年生まれと記載されていて、生まれた直後に30歳にされたことになります。

STEP2可哀想なのはこの少女です。

戸籍上“1966年生まれ”とされていることが級友らに知られ、「おばさん」などとからかわれて学校ぎらいになったり、成績も下がっていったとのこと。

STEP3

中学校に入っても成績は上がらなかったので両親は心配して、学年を1年遅らせて、省内の別の学校に転校させようと希望しました。

ところが、転校を希望した学校もいったんは書類を受け取りましたが、「1966年生まれで45歳。年齢上の問題から、本校は受け入れられない」と回答してきました。

STEP4

あきらかに戸籍が間違っているのにも係らず、年齢を問題にして「受け入れられない」と回答をしてきた学校がの対応が解せません。

結局この少女は父親が改めて娘の「生年月日の訂正」を申請しました。

公安局では「厳密な証拠集め」の結果、少女の出生を1996年になおし、あらためて転校が認められました。

STEP5

転校を認められた少女は3月末に新たな学校に移り「今度こそ頑張って、よい成績を取れるようにする」とはりきっていると伝えていますが、それにしても中国の戸籍ががりのいい加減差には驚きます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ