東日本大震災 被災地や周辺地域住民の不眠症対策 サイン軽視せずに受診を

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:355
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
東日本大震災で、避難所生活を強いられている被災者や被災地周辺の住民は十分な睡眠が取れているか心配されています。

下記URLをご覧ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000089-san-soci

STEP1身近な人の死など精神的なストレスは不眠症を誘発します。

不眠症は他の病気の陰に隠れ、患者や医療従事者から「眠れないだけ」と軽視される可能性があります。

しかし、不眠症が他の病気を引き起こすケースもありますので、1カ月以上眠れないときは注意が必用で、受診する事を勧めています。

STEP2

“眠りに対する身構え”が取れる日中の積極的な仮眠が効果があるそうです。

「一時的に睡眠リズムが乱れる可能性はありますが、短時間でもしっかり寝られたという自信を感じられるようになるのは有効な手段」とのこと、不眠解消に役立たせて欲しいものです。

STEP3眠れないのは不眠症だけの症状ではないそうです。

過度の不眠により脳の疲れが蓄積されると、思考力や集中力が低下するだけでなく、さまざまな精神的不調の引き金となる場合があります。

「不眠のサインを軽視せずに受診して、病気を治すようにほしい」と話しています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ