一戸建ての解体費用の大まかな見積方法★

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2607
  • ありがとう数:0

はじめに

一戸建ての家を建てる費用は何となく想像つくのですが、解体となると…ですよね。
当然ながら、立地の条件や使用されている建材・解体に使用する重機などで費用はマチマチです。しかしながら、例を挙げてご参考までに紹介します。

STEP1■解体物件の例■

平屋(セメント瓦)築40年・建坪約15坪・一般道路から10mほど奥まっている(道幅1.5m)
見積金額=約60万+10万(不要家具の処分は除く)ということです。

STEP2■基本的な解体費用■

首都圏であれば、木造の解体費用は建坪1坪あたり、だいたい4万円から5万円見ておいたら良いです。ハウスメーカーに解体依頼すると坪当たり約5万円、解体業者だと約3万円位が相場です。

STEP3■+@必要な費用(建物)■

[例]のように家に隣接する道路幅が狭いと、割増になる可能性があります。
幅員1.5mで入れる重機はミニユンボとミニローダーぐらいで、重機が入れないとなるとそれなりの人員が必要となります。それで+2割増ぐらいになります。
同様に解体後の廃材を積む為のトラック(4トンクラス)が停められない状況ならば、10mの距離を少しずつ運び出す必要があり、さらに割高になる可能性も…。

STEP4■+@必要な費用(不要家具などの処分)■

もう一点。キッチンやトイレ等の設備は解体費用に含まれますが、家具やエアコンの処分は別料金になるのが普通です。家具は、自分達で処分できるのあれば、処分した方が安上がりでしょう。

エアコンはフロンガスの回収が必要で、通常は業者に処分依頼します。ただし1台あたり2万円以上の費用がかかります。

最近はリサイクル法が厳しくなり、行政に提出する書類や分別などで別途費用がかかることがあります。業者の中には申請方法を工夫するなどして、ごみトラック5台分のところを1台のみの申請にし安くしてくれるところもあります。しかし、その業者が不法投棄をしていた場合は依頼者にも責任が発生するので業者選びは慎重にしましょう!
また、解体するに当たり引越しする場合には、回収してくれる自治体もありますので地元の役所に問い合わせてみましょう!

STEP5■こちらもご覧ください■

参考HP“解体のウエノ”
http://www.kaitai-ueno.com/san.html

まとめ

解体費用は人件費・産廃処分費の関係で地域差が大きく、現場の状況でかなり差異がありますので、ご了承ください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ