公職選挙法で定められている物

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:445
  • ありがとう数:0

はじめに

公職選挙法、とはそもそも何が書かれているのでしょうか?

STEP1

公職選挙法とは、衆議院議員、参議院議員並びに地方公共団体の議会の
議員及び首長(総称して公職と呼称する)の定数や選挙の方法といった
制度面について規定した日本の法律のことです。

せっかく当選しても、公職選挙法に違反していた、とわかれば、当選が
無効となってしまします。
開票後に、毎日のように 『公職選挙法違反で逮捕・起訴された』
というニュースが流れています。
一般人なら当たり前のことでも、選挙に絡むとしてはいけないことも
多いんです。

STEP2「少し手伝ってもらったからと、夕飯をみんなにごちそうした」

「手伝ってもらった人にアルバイト代を渡した」
「お世話になった人に、以前に別の人から頂いていた商品券を渡した」
上記、すべて買収行為、です。

候補者が、印刷をされた年賀状や暑中見舞いを出すことも禁じられています。

とっても細かいことですが、そこに加担してしまうとせっかくの活動が
無意味になってしまうので、気を付けましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ