粉薬を飲ませる時の注意点☆

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:436
  • ありがとう数:0

はじめに

『甘いよー!』と誘っても、ちょっとした苦味に子供は敏感です(T_T)
お薬イヤイヤな子に上手に飲ませるには?
混ぜるとよけい苦味が出る食べ物もあります!!!
注意しましょう☆
参考にしてくださいね(^^)

STEP1【好きな物に混ぜてごっくんさせる】

薬が嫌で嫌でしょうがなくて、口を意地でも開いてくれない場合・・・。
そんな時は、好きなものにまぜてごまかすという最終手段もあります。
ただし!まぜてはいけないものもあるので、必ず医師か薬剤師に相談してくださいね!

STEP2【混ぜてもよい食べ物】

○アイスクリーム
○チョコレート
○はちみつ
○黒蜜
○ヨーグルト(※)
○プリン(※)
○オレンジジュース、ポカリスエット(※)
ゼリー(※)
今後もキライになっても支障がでない食べ物なら混ぜても良いでしょう。
ただし!(※)がついているものに関しては、抗生剤などと混ぜると苦味がよけい出る場合があるので注意が必要です!

STEP3【絶対に混ぜないでほしい食べ物】

主食となる食べ物に混ぜるのはNG!!!
薬の味のせいで、混ぜた食べ物が嫌いになってしまっては大変です。
○ミルク
○おかゆ、ごはん、うどん等
今後も食べさせないといけないものには混ぜないのが基本です。

また、熱湯などきわめて温度の高いものは薬の性質が変わるので混ぜないこと!

STEP4【食べきれる量だけ取り分ける】

赤ちゃんが食べきれない量の食べ物に薬をまぜてしまうと、残してしまった場合に1回分の薬を飲んだ事になりません。
いつものおやつ以上の量は取り分けないこと。

STEP5【1回分の薬を全部まぜる】

1回分の薬を、取り分けた食べ物に全部まぜましょう☆
まぜるのは、なるべく食べる直前に1回分ずつ。
時間がたつと薬の成分が変化してしまいます、注意しましょう。

STEP6【いつものように食べさせて!】

さあ!いつものおやつスタイルで食べさせてみましょう☆
取り分けた量をきれいに食べたら、1回分の薬を飲みきったことになります。
ここは役者になって!薬の”く”の字も出さずたべさせましょう(^^)

まとめ

薬を飲ませるのが、親も子もストレスになってはかないませんね・・・。
三度三度の食事毎にあげないといけないものです。

上手にお薬をのませて、早く治してあげましょう(^^)

必要なもの

・おやつ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ