忙しいお母さんの自分時間の作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:638
  • ありがとう数:0

はじめに

したいことができずに、お母さんがイライラしていると、子どももイライラ!悪循環が家の中でぐるぐる・・・

STEP1<家事の手順の思い込みをすてよう>

ほとんどのお母さんは、午前中にすることと午後にすることを決めています。この思い込みを捨てるととても楽になります。
たとえば、お風呂の時間を変えたり、掃除の時間を変えたり、洗濯の時間も。

STEP2<家事よりもしたいことを優先しよう>

子どもがいない時間。たとえば塾に行っている間に資格をとるための勉強をする。子どもが小さい時は一緒に思い切って寝る。(かなりのリラックスデス)
仕事をしている人は、朝少しだけ早く起きてみる。

STEP3<電話にはでない>

長電話は楽しいのですが、いったん出てしまうと、自分の時間を中断してしまいます。余裕があるときや緊急のとき以外は「留守電」を活用しましょう。

STEP4<子どもを早く寝かせる工夫をしよう>

子どもを早く寝かせて、自分の時間を有効につかうと、子どもの体や脳の発育にもいいですよね。
夕方から環境作りをうまくしましょう。8時過ぎたら、テレビを消し、お風呂に入れ、絵本を読み子どもをを安心させてみてください。意外に早く寝てくれますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ