焦らないマンション・戸建ての買い方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:473
  • ありがとう数:0

はじめに

住宅着工戸数ももちなおしてきて、都心ではマンションの価格があがりつつあります。でも、マンション・戸建ては一生の買い物ですから、あせらずお気に入りのものがみつかるまでじっくり選んだほういいでしょう。ここでは「あせらないマンション・戸建ての買い方」をまとめます。

STEP1まず条件を洗い出す

金額、場所、物件の種類(マンション/一戸建て、新築/中古、土地)は、決めておきます。金額を定めるときは、きちんとローンシュミレーションをしておきます。ローンシュミレーションは、銀行でやってくれます。不動産屋を通してやってくれる場合もあります。ざっくりしたものなら、銀行のサイトなどでもできます。

STEP2条件を不動産屋の担当者に伝える

それにあった物件を紹介してもらいます。でも、たいていは、条件外の物件もたくさん紹介されます。それら、すべてをみる必要はありませんが、少しでも興味があって、時間がゆるせば、条件外の物件もみることをおすすめします。「金額があがると、こんないい物件になるのか」「この地域も暮らしやすそうだな」「土地も手に入って一戸建てもよさそうだな」「やっぱり築年数がたつと改装が必要だな」など、いろいろ発見があってかなり勉強になります。最終的にもとの条件内の物件で決めるか、あるいは条件外の物件で決めるかは別にして、いろいろ見ておいたほうが、あとあと後悔がなく、納得感がえられるはずです。

STEP3インターネットでも物件検索

興味があるものは、見ておきましょう。そのとき、物件をだしている不動産屋にいちいちお願いしていると、あとあと営業がきて、対応だけで面倒になるケースもあります。できれば信頼できる不動産屋の担当者を1人決めて、その方を通して他社の物件も案内してもらうと、面倒もなくなります。

STEP4とにかく物件をたくさん見る

見るのはタダ。その間、条件が変わってもいいのです。多くの人は不動産売買の初心者ですから、勉強の時間も大事です。最終的に家族にとってベストな条件と住まいのイメージが固まって、これだっ! という物件にめぐりあえるはずです。そこまであせらずいきましょう。いい物件は時間勝負で決まるときがありますが、決めるとなったら迅速に!

まとめ

大事なポイントは、実際に物件をみる(=現場をふむ)数を増やして、勉強すること。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ