若々しく見えるための“目力”対策メイク

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:850
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
顔の中で意思をしっかりアピールするのは、やはり“目”です。

STEP1目力対策の最大のポイントは、「隙間を埋める」こと。

目力は若々しいメイクの対策ともいえます。上を向いまつ毛は、勢いがあり若々しく年齢不詳の印象を与えます。40代以上では、アイメイクが決まらないということがありますが、これは老化と共にまぶたが緩んだり重くなったりするため。

STEP2

「隙間を埋める」ためにはアイラインとアイシャドウの効果が必要です。

1.まつ毛の生え際にペンシルライナーを当て、まつ毛とまつ毛の間を塗りつぶします。目の中央から目がしらへ、また中央に戻って目じりへと塗りつぶしていきます。
*まつ毛の上に細くアイラインを入れることとは違います。

2.片目をつぶってみて、もう一片方の目でチェックします。ポイントはキワが全部塗りつぶされているかどうか。直線が必要なわけではないので、線はガタガタしていても問題ありません。

3.ガタガタしているラインは、まぶたの上の外側だけぼかします。綿棒を当て、目がしらから目じりに向かって動かします。キワまで当ててしまうと、せっかく引いたラインが消えるので、注意します。

まとめ

リキッドライナーを利用する場合も「隙間を埋める」を心がけて。一気に引くのでなく黒目から半分ずつ描きます。リキッドの方がクッキリとしたラインになるので、シャープな印象になります。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ