納豆菌が手に入らなくても作れる簡単手作り納豆

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3010
  • ありがとう数:0

はじめに

震災以降、納豆の品薄状態が続いています。
どうしても思いっきり納豆を食べたい方は、納豆を手作りしてみませんか?

STEP1

納豆を手作りといっても、納豆菌ってどうやって手に入れるの?という方は、特別に納豆菌を購入しなくても市販の納豆を混ぜて作る、簡単手作り納豆をご紹介します。

STEP2(1)大豆を用意します。

 ※小粒だと表面積が大きくなるので、納豆菌が繁殖しやすく早く熟成し、納豆の風味が楽しめます。大粒を使うと煮豆の旨みが残っているので大豆の味が楽しめます。
(2)大豆をよく洗ってから、大豆の分量の3倍くらいの水に1晩つけておきます。
(3)大豆を圧力鍋で柔らかくなるまで煮ます。(20分くらい)
 ※茹でるよりは、蒸した方が味がよくなるようです。
(4)大豆をザルで湯切りをし、熱いうちに市販の納豆を全体によくいきわたるように混ぜます。
(5)納豆菌を容器に移します。この時納豆がよく空気と触れるように、高さは2cmくらいまでに浅く広げて入れます。容器は密閉しないように気をつけましょう。
(6)容器を温度の高い場所に置いて熟成させます。
 ※発砲スチロールの容器に50℃くらいのお湯を入れたペットボトルを入れ、その上にのせれば保温することができます。発酵に適した温度は42℃くらいですので、お湯の温度が30℃以下になってしまったら、お湯を入れ替えます。
(7)大豆の表面に白いものがついてきたら完成です。大体半日程度でできあがります。
(8)完成後に冷蔵庫で2日くらいねかせてから食べると、納豆のうま味成分が増えて、さらに美味しく食べられます。

STEP3

納豆菌を使って、本格的に作りたい方は東急ハンズや、下記のサイトなどでも入手できます。
http://www.nattou.com/topics/kin.html

まとめ

○別ガイドで、手作り納豆キットの紹介をしています
http://okguide.okwave.jp/guides/17744

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

≪材料のめやす≫ ○大豆 1kg (乾燥状態で) ○市販の納豆 1パック ※分量はお好みで加減して下さい。大豆250gなら市販の納豆10粒程度。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ