竹の子の茹で方・選び方☆

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:618
  • ありがとう数:0

はじめに

春は、竹の子の美味しい季節♪茹でるところから挑戦してみませんか?

STEP1<b>【選び方】</b>

竹の子は種類にもよりますが、3月から6月頃にかけて出回ります。
太くて重く、皮が乾燥していなくて、ツヤがあるものが良いでしょう。選ぶときには、茹でるお鍋の大きさも考えながら選んで下さい。お鍋にすっぽりと入る大きさのものが良いでしょう。

STEP2<b>【茹でる前に】</b>

竹の子は、外側の皮を数枚むいて、洗います。穂先を斜めに切り落とし、皮に縦に1本の切り込みを入れます。切り込みを深く入れすぎると、中の竹の子が切れてしまうので、深すぎないようにしましょう。

STEP3<b>【茹でる】</b>

お鍋にたっぷりの水と竹の子を入れて、竹の子が全部水につかるようにします。米ぬかを入れて、落し蓋をして火にかけます。沸騰したら、ふきこぼれないように、静かにふつふつするくらいまで火を弱めます。茹でている間、水が少なくなってきたら足しましょう。
竹ぐしが、固い根元の方に、すっと通るようになるまで、1時間くらい茹でましょう。
新しい竹の子だと、早く茹で上がります。

STEP4<b>【仕上げ】</b>

茹で上がったら、冷めるまで、そのままにしておきましょう。
完全に冷めたら、水で洗い、皮をむきます。中心にに近いやわらかい皮は食べられるので、捨てないで下さい。

まとめ

米ぬかがない時は、お米のとぎ汁で代用して下さい。茹でる時に赤唐辛子を入れても良いです。
いろんな竹の子料理を作ってみてください♪自分で茹でた竹の子なら味も格別♪

必要なもの

竹の子 米ぬか 水 大き目の鍋 竹ぐし 落し蓋

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ