電子レンジの加熱のコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:282
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
電子レンジでの加熱時間は重量によって決まります。ラップも全てに必要とは限りません。

STEP1【重量のよって時間が決まる】

ガスコンロでの調理なら、食材を小さく切って加熱した方が火の通りは早いです。しかし、電子レンジは、食材の大きさに関係なく、総重量で加熱時間が決まるのです。例えばジャガイモなら1個丸ごとでも、1個を小さく切っても、加熱時間は同じなのです。
もしも、重さが2倍になれば単純に加熱時間も2倍になるのです。

STEP2【ラップの要・不要】

電子レンジで加熱するならラップは付き物・・・と思っていませんか?
ラップをかける時は、水蒸気をこもらせて食材をしっとりと仕上げたい時。逆にカラッと仕上げたい時や水分を少なくしたい時は、ラップをかけずに調理します。

*ラップが必要なもの
食材から出る水蒸気でふんわりと仕上げたいもの。野菜の下茹でなどは、少しラップに隙間を空けて、程よく蒸気を逃がします。

*ラップが不要のもの
・皮があるもの
ナスやジャガイモを丸ごと調理する時は、野菜の皮がラップ代わりになります。皮が破裂することがあるので、切り目を入れたりフォークで穴をあけたりしてからレンジへ。

・カラッとさせたいもの
から揚げ、天ぷら、フライなどをはカラッとさせたいのでラップは不要。炒め物もラップなしの方がベタつきません。

・火を通し過ぎたくないもの
刺身のサクなどを解凍する時は、ラップをしない方が、熱が通り過ぎません。ラップをすると水蒸気がこもり、解凍を通り越して加熱してしまうことがあります。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ