mama to mamaとは? 災害に見舞われたママとプレママ(妊婦さん)を受け入れ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:502
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 主婦
mama to mamaとは、被災された子連れ世帯および妊婦さんのいる世帯と受け入れてくれる家庭(臨時ホームステイ)とをつなぐサイトになります。

STEP1

2011年3月11日に起きた東日本大震災を中心とする災害に見舞われたママとプレママ(妊婦さん)を受け入れてくださるご家庭を募集しています。いただいた情報はサイトに掲載させていただきます。

被災地では温かいミルクも作れず、ショックで母乳が出ないママも。たび重なる余震に不安な幼い子どもたち。妊娠しているママや幼い子供を抱えるママにはとてつもない不安を募らせる放射能。連日テレビで報道される光景に、何かできることがあれば、とお思いの方も多いと思います。ボランティアで現地に向かえなくても「我が家で一世帯くらいは受け入れられるけれどどうしたらいいのかしら」とお思いの方も多くいらっしゃると思います。私も同じ思いです。その思いをお持ちの方はぜひmamatomamatomama@gmail.comへ連絡をください。子育て世帯を受け入れるのに必ずしも子育て世帯でなくてもいいと思っていますので、多くの皆さまの情報を掲載していただけると嬉しく思います。

STEP2

STEP3<注意事項>ご連絡をくださる際には

名前(ハンドルネームでも可)
お住まいの場所
家族構成
メッセージ(簡潔に)
連絡手段(個人情報の関係上、基本的にはすべて管理人に連絡をしていただくつもりですが、直接ご自身のメールアドレスの掲載をご希望の方はその旨明記してください。)
(例)
名前 yokko
お住まいの場所 東京都港区
家族構成 パパ(30歳)、ママ(27歳)、男(6歳)、女(4歳)、男(2歳)
メッセージ(簡潔に) 6畳和室で布団敷きです。子どもがたくさんで騒がしいです。子どもは一緒に遊べると思います。
連絡手段 サイト上には表示しません。管理人にお願いします。
をお願いします。

※すべてネットに開示される情報です。多くの人が閲覧します。個人を特定できる情報はお避け下さい。

STEP4

Pray for Japan

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ