調理器具の手入れ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:468
  • ありがとう数:0

はじめに

新生活に入って、新たに調理器具を買い求められた方もあると思います。
調理は、器具の手入れが肝腎と言っても言い過ぎではありません。
ちょっとした手入れのコツを覚えれば、長く使えて手に馴染んで来ますので、それだけ調理をうまくするのに役立ちます。
お気に入りの道具を大切に使い込んで行けば、料理が楽しくなってきます。

STEP1<b>包丁の手入れ</b>

クレンザーで洗い、よく水気を拭き取ります。
刃先を洗う際、指を切らないように気をつけて下さい。
柄も洗います。

STEP2<b>まな板の手入れ</b>

油や香りのある物を切った後は、洗剤を使い、ブラシを使ってよく洗い、十分水洗いしたら、立てて乾燥させます。
こまめに天日干しして、日光に当てて殺菌させます。
時々、塩素系の漂白剤につければきれいに使えます。

STEP3<b>鍋・フライパンの手入れ</b>

内、外共にきれいに洗ったら、水気を拭き取ります。
鉄製のフライパンは洗剤を使わないのが基本です。汚れを拭き取ったら、お湯で洗います。
拭き取りように要らなくなったTシャツなどを小さめに切って、キッチンの手の届き易い所に置いておくと便利です。汚れが落ちにくい時はお湯をはって、一度火にかけます。
仕上げは軽く火にかけて水分を十分にとります。
フッ素コートのフライパンは、スポンジの固い方で洗わないこと。空焚きは禁物です。表面のフッ素が剥がれ易くなります。

STEP4<b>ボウル・ザルの手入れ</b>

内、外をよく洗うこと。ザルの目に汚れが入るのでブラシ(使い古しの歯ブラシをキッチンに置く)でこすって下さい。
水気をよく切っておくことが大切です。
ザルはまな板と同様に天日干しにしても良いです。

STEP5<b>菜ばし・布巾の手入れ</b>

菜ばしは使う部分だけでなく全体を洗って下さい。
洗ったら、よく乾燥させます。

布巾は専用の石鹸を用意しなくとも、最後に洗剤を少し含ませてよく泡立てて洗って、よくすすぎます。
たまに、鍋にお湯を沸かした中に入れて10~15分煮沸するか、塩素系漂白剤で漂白と殺菌を行います。
念入りにすすいで、天日に干してください。

STEP6<b>ゴミの始末</b>

ゴミは水気をきってから捨てます。
野菜の皮や玉子の殻などを流しのゴミ受けに入れておくと、他の物の水気をかぶって水気が多くなるので、直接捨てる習慣をつけると良いです。

小ぶりのポリ袋や広告の紙を広げた上で野菜や玉子の殻剥きをして、包んでゴミ箱へ直行させます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

衛生を保ち、物を大切に扱う気持ち。 道具なりの材質、形などの特性を考えて使い込むこと。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ