顎関節症の改善方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:452
  • ありがとう数:0

はじめに

顎関節症でお悩みの方へ

STEP1顎関節症の原因のひとつはかみ合わせ。

そのため、矯正したらだいぶ良くなった、という方が結構いらっしゃいます。
本気で直したい、という方、歯医者へ行って矯正してみてはいかかでしょうか?

STEP2

他にも、顎に負担を掛けていると、顎関節症になりやすかったり、症状が悪化します。
たとえば、寝ているときに歯軋りをしていたりしませんか?
起きている時でも、歯を噛み締める癖があったりしませんか?
口を大きく開けっ放しにするのも、顎に負担がかかります。
歯軋りをしてしまう方は、寝る前に、『リラックス、リラックス』や『今日は歯軋りしないぞ!』と自分に暗示を掛けたりすると、気休めですが、歯軋りをする回数が減ったりしますよ。
それでも、駄目だという方は、ステップ3へ!

STEP3口腔外科や歯医者に行ってマウスピースを!

マウスピースをすることで、顎関節症の症状がよくなったりします。
以前、作ったけど相性が悪かった、という人も、もう一度行ってみてください。
私も7年くらい前に一度作ったのですが、違和感のせいで寝ているときより噛み締めてしまい、症状が逆に悪化しました。
しかし、最近のマウスピースは昔のものより薄くなったりと、進歩しています。
そんなに違和感なく、付けることができるようになりました。
マウスピースを付けることで、歯の保護にもなります。
歯軋りは歯を削ってしまうので、それをマウスピースが保護してくれるのです!

まとめ

顎に負担を掛けないことが大切です。

関連するタグ

必要なもの

矯正 マウスピース リラックスして眠ること

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ