そろそろ桜・・ひっそりと楽しむ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:381
  • ありがとう数:0

はじめに

桜が東京では咲き始めた。
3分くらい・・・でも気分的にも大騒ぎする気にはなれない。
でも、花を見て心を癒しに行こう。そして元気になろう。
宴会は出来ない桜並木を紹介します。

STEP1<b> 【江戸川橋付近】</b>

Photo by ワンコは友達
江戸時代の神田水道の面影を残す「面影橋」から「江戸川橋」までソメイヨシノは圧巻!
神田川に舞い降りる花びらが風情を感じさせながらゆっくり歩きましょう。

都電早稲田電停近くには、当時神田上水の管理を行った芭蕉庵や椿山荘があり、
「神田川沿いの「冠木門」より『椿山荘』に入場し広大な庭園や三重塔などを散策したり、
食事をとることが出来ます。(例年はこの予定ですが、今年はお祭りは解りません)

STEP2<b> 【国立駅から大学通り】</b>

Photo by ワンコは友達
新宿から西に伸びるJR中央線の立川駅の一つ手前の「国立駅」
おりると直ぐに、桜並木が広がる。
東京方面から駅に降り立つと、駅ホームから、眼下に桜並木が見えるので、
急いで、おりないで、真ん中辺りから、じっくりとみよう。

国立駅から、南武線の谷保駅まで、1時間くらいであるけます。
途中にファミリーレストランもあり、休憩も出来ます。

体力があれば、谷保駅手前の大きな交差点を左右に通る道も
凄く綺麗な桜並木があります。
国立大学通りが、低い位置の桜に対して、ここの桜は背が高く、
桜のシャワーが浴びられます。

STEP3<b> 【六本木ヒルズの桜】</b>

Photo by ワンコは友達
六本木ヒルズの庭園には、江戸時代の大名屋敷のなごりを今に伝える広大な日本庭園。
池や渓流のせせらぎ、四季折々に変化する植物の表情を感じながら自由に散策出来ます。
例年は桜祭りもありますが、今年は中止。その分、静かに花見をしましょう。

六本木には、それ以外に、レジデンスの裏側にあり75本の桜並木が続く、閑静な散策路。
桜の足元には、ガーデニングクラブの活動により和の植物が植え育てられています。

まとめ

色々なお祭りは、中止になっていますが、桜は咲いています。
お花を見て、心を癒しましょう。
そして、元気に立ち上がりましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ