注意!イスから立ち上がるときの注意点

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1396
  • ありがとう数:0

はじめに

家のなかで「骨折!」そのまさかの原因とは……!?

STEP1加齢とともに

「骨粗しょう症」による「骨折」が心配になります。

家のなかにあるコードにひっかかったり、床に落ちているビニール袋を踏んだり……。いつ、どこで骨折してしまうか、予想がつかないだけにほんとうに不安な気持ちになります。

STEP2そんな骨折の原因

思わぬところにも潜んでいます。

3年前の冬、イスから立ち上がってすぐに歩き始めようとして、前向きに転倒! イボイボの健康サンダルだけが床にそのまま残ったため、右足の甲を骨折しました。

STEP3全治3ヶ月

そのときは、まさか骨折したという感覚はなかったのですが、3日後、病院へ行って初めて折れていることに気付きました。結局、全治3か月かかりました……。

昔は、下駄ばきのまま転倒して、このような骨折をするケースが多かったとか……。

まとめ

イスに長時間座っているとき、足の感覚がなくなることがあります。立ち上がって、すぐに歩き出さないように注意してください。もちろん、正座から立ち上がるときも、一呼吸おいてから動くようにしてください。

また、イスに腰掛けるときは、足を組んだりすると短時間でもしびれることがありますので、座る姿勢にも要注意!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

日頃から「用心」する気持ち

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ