節句とは?その歴史と意味についてのポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:8300
  • ありがとう数:0

はじめに

ひな祭りやこどもの日は、桃の節句や端午の節句というように「節句」という言葉が使われていますが、その「節句」の歴史や意味は何でしょう?

STEP1<b>【節句の歴史について】</b>

古代中国の暦で定められた季節の変わり目を「節」といいます。
陰陽の考え方で、暦の中で奇数は陽ですが、奇数の重なる日は陰になるとして、
それを避けるためにその季節の旬の植物から生命力をもらい、邪気を払う行事が行われました。
この中国の暦が日本古来の農耕を祝う風習を結びついて、宮中で「節会」という会が開かれるようになりました。
江戸時代になると、幕府がこの「節会」のうち五つを「五節句」として式日に定め、公式の行事になりました。
中国の暦と同様に奇数が重なった日を節句としていますが、1月1日だけは別とし、代わりに1月7日としています。

STEP2<b>【五節句とその意味】</b>

1月7日…人日節句
  古代中国では元日から6日までを獣の日と考え、7日を人日としました。
  人の健康を祝う日で、春の七草がゆを食べます。
3月3日…上巳節句
  桃の節句とも言います。本来は3月最初の巳の日に行っていました。
  罪や穢れを除くため、息を吹きかけた人形を水に流しました。
  それが雛人形の原型となりました。
5月5日…端午節句
  古代中国では薬草を摂取する日とされ、菖蒲を家や体につけて邪気を祓いました。
  日本でもその臭いから鬼を追い払うと、家の軒に葺いたりお風呂で使いました。
  菖蒲が尚武(武事を重んじる)から武家の行事と盛んになりました。
7月7日…七夕節句
  古代中国の牽牛、淑女伝説が奈良時代に伝わり、日本古来の棚織津女の物語と
  合わさり、現在の七夕祭りが生れました。
9月9日…重陽節句
  9という最大の陽数(奇数)が重なる大変めでたい日。
  中国では菊は不老不死に結びつくとされています。
  日本でも前日に菊花に綿をかぶせ、重陽の日の朝、その菊の露を含んだ綿で
  顔を拭くと美人になり、長寿にもなると信じられています。

STEP3<b>【五節句の今】</b>

五節句のお祝いは、江戸時代までは宮中の正式行事として行われていましたが、明治になって廃止されました。
今では、暦の年中行事として日本人の間で受け継がれています。

まとめ

節句は、お祝いというよりは邪気を祓う行事という意味合いが強かったのです。
季節の変わり目には節句の行事を行い、日本人の心を知る事も大切です。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ