強引な鮮魚の訪問販売にご注意

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1099
  • ありがとう数:0

はじめに

「マグロを切ったので試食しませんか」―そんな訪問者があったら要注意。切り身のマグロやカツオを押し売りするトラブルが相次いでいます。

STEP1

この商法では、マグロやカツオを売る業者が自宅を訪問してきます。
少しでも興味を示すと、

・強引に押し売りされ、傷んだ魚を買わされた
・味見したら包丁でまな板を叩かれ、怖かったので購入
・勝手に切り分けられ、購入を断ったら脅された

と、強引かつ理不尽な押し売りをされてしまいます。

STEP2

消費者センターは、消費者へのアドバイスとして以下の3点を挙げています。

1. 必要がなければ、きっぱりと断ること
2. 販売業者の名前や連絡先が不明なことがほとんどなので、安易に契約しないこと
3. トラブルにあったら、すぐに消費生活センター等に相談すること

業者の名前や連絡先がわからず、魚が傷んでいた場合でも返金を求められないことが多いです。摘発もされないためか、2005年度からこの手のトラブルが増え続けています。ご注意ください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ