震災につけ込む便乗商法にご注意

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:485
  • ありがとう数:0

はじめに

多くの人が今も不安な気持ちを抱いている震災ですが、これにつけ込む悪徳な業者が現れています。詐欺や便乗商法にご注意ください。

STEP1■国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/

国民生活センターに寄せられた情報、相談のあった情報によると、震災に関する便乗商法や、義援金詐欺が多発しているようです。

STEP2便乗商法と思われる例としては、以下のようなものがあります。

・地震で家の屋根瓦がずれたところ、「屋根瓦を点検してあげる」と業者が訪れた。2階の室内から屋根を見ただけで、契約もしていないのに「点検料として5万円払え」と迫った。

・リフォーム工事の業者が「行政から補助金が出る」と勧誘してきた。

・ 遠隔地から「震災は大丈夫ですか」と突然電話があり、その電話で勧められるまま水を買わされてしまった。

・「放射能除去機能付き空気清浄機」のチラシがファックスで送られてきた。

STEP3

義援金詐欺が疑われる例としては、以下のようなものがあります。

・「役所の者です。震災の義援金をお願いします」といって、男性2人がやってきた。募金してしまったが、本当に役所の職員か疑わしい。

・「地震の被災地の復興支援の義援金として、貴金属の売却代金を寄付したい。貴金属を売ってほしい」という不審な電話が頻繁にかかってくる。

・「北海道産のカニを半額で買わないか、売上金の一部を震災の義援金にする」との電話勧誘があった。

STEP4

悪徳業者は、お金を得ようとあの手この手で不安を煽ります。少しでも怪しいと思ったら、警察署や消費生活センターなどに連絡してください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ