「夏の計画停電は避けられる」 化学工学会の提言が大反響

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:540
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki

エネルギーの専門家らでつくる「化学工学会」が、2011年夏の電力不足についてサイト上で緊急提言を行い、大きな反響を呼んでいます。

これらの提言を実行すれば、計画停電を避けられるかもしれないというこの記事をご覧ください。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-92164/1.htm

STEP1

化学工学会とは、研究者や技術者ら8000人ほどでつくる学術団体です。

そのエネルギー部会の大学教授ら8人が大震災による電力不足について2011年3月28日に国などに緊急提言をしたところ、関係者らの間で大きな話題になっています。

STEP2

原発事故の影響で、クーラーなどを使う夏には、深刻な電力不足が予想されています。

それを回避すべく科学工業会の今回の働きかけでは、時間的シフトでは、電力に余力のある土日に働くようにしたり、工場や大学などの勤務時間を夜にシフトしたりするなど計画停電を避けるための提言が列挙されています。

STEP3

化学工学会の緊急提言では、さらに身近な電力供給力利用で365万キロワットを増加させ、省エネ利用の徹底などで280万キロワットを削減できるとしていています。

STEP4この提言に、ネット上などで大きな反響がありました。

ツイッターでは、千数百件も反応があったといいます。

その反応は、「分かりやすい」「総合的な見方でよい」などの評価が9割ほどだったとのこと。

STEP5

できるかどうか疑問視する意見もあったそうですが、多くの人の英知を集めて計画停電を回避してもらえそうな予感がします。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ