余った根菜類であと一品を作る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:446
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by catherine-z
冬に安い根菜類。
この根菜類は体を温めてくれる作用があります。

冷蔵庫に余っている根菜類をたくさん使って、美味しい煮物を作りましょう。

STEP1<b>【材料】</b>

冷蔵庫にある余った根菜類
(例:人参 大根 ごぼうなど)

しょうゆ
砂糖 
みりん

だしの素

あればめんつゆ

あれば、ちくわやさつま揚げなどを入れると味にうまみが増します。

STEP2<b>【作り方】</b>

大根やニンジンは一口大に切っておきます。
ごぼうは洗い、酢水につけてあくをとりましょう。
酢水につけておけば、変色も防げます。
あれば、ちくわやさつま揚げなどの水産加工品も一口大に切っておきます。

根菜、水産加工品を炒めていきます。
表面が少し透明になってきたら、水とだしの素を入れます。
もちろんだしをとって入れてもいいです。
だいたいひたひたになるくらいです。
そこに、砂糖、しょうゆ、みりん、酒を入れます。
だいたい同じ割合で入れます。
味をみて、お好みによってさらに加えて下さい。

あれば、めんつゆをちょっと足すと、うまみが増します。

根菜類が柔らかくなったら出来上がり。

STEP3<b>【根菜のすすめ】</b>

根菜には、ビタミンCが含まれていて、風邪予防になります。
また、体を温める作用があることから冬にぴったりの食材です。
腸の働きを活発にすると言われている食物繊維も多く含まれています。
また、根菜に含まれているカリウムはむくみをすっきりさせる作用があるそうです。

根菜はカロリーも低いうえに栄養も豊富だし、噛み応えがあるので満腹感を得られます。
ですので、ダイエットにもお勧めです。

まとめ

photo by catherine-z

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ