4月頃が旬の柑橘を選ぶポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:450
  • ありがとう数:0

はじめに

4月14日はオレンジデーです。
この日にちなみ4月頃が旬の柑橘の特徴をご紹介します。

STEP1<b>【せとか】</b>

清見、アンコールオレンジ、マーコットの交配種です。
甘みと香り共に強く、内袋が大変薄く食べやすいのが特徴です。

STEP2<b>【清見タンゴール】</b>

温州みかんとトロビタオレンジの交配種です。
果肉が大変軟らかく、とろけるような食感でジューシーさが特徴です。
グレープフルーツのように半分に切ってスプーンですくって頂いたり、櫛形に8等分に切って頂きます。

STEP3<b>【カハラマンダリン】</b>

温州みかんとキングマンダリンの交配種です。
甘みも強く果汁もたっぷり、種もほとんどないのでみかん感覚で簡単に食べられます。
4月から5月に出荷され、春でもおいしく食べられる超晩生の品種です。

まとめ

数年前までは、伊予柑が終わると次のシーズンまで柑橘類をあまり口にしませんでしが、最近では4月でもおいしく頂ける柑橘類が出ています。
自分の好みにあわせて、選んでみてはどうでしょうか。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ