イースターとうさぎ、たまごの関係とは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1508
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
イースターは、イエス・キリストの復活を祝い記念する日。復活祭とも言われます。

STEP1

イースター(Easter)の語源は、ゲルマンの「春の女神(Estera)」に由来しています。
イエス・キリストの復活祭であると同時に、春の到来を祝う祭りでもあります。
イースターの日は、“春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日”と定められているため毎年変わります。年によっては最大1ヶ月ほどのずれが生じます。
2011年は4月24日になります。

STEP2

イースターの時期には、「たまご」や「うさぎ」を模ったお菓子も多く売られます。
「たまご」には、ひよこが卵の殻を破って出てくる様子を、キリストが死という殻を破って甦ったことになぞらえているそうです。新しい命をもつ「たまご」が復活のシンボルとなっています。
また、「うさぎ」は多産なので生命の象徴であり、また跳ね回る様子が生命の躍動を表しているといわれます。ちょうど復活祭のあたりに、野うさぎが多く見られるようになることが、春の到来を祝う祭りのシンボルとなっています。

STEP3

たまごに色とりどり絵を描く「イースター・エッグ」という風習があります。イースターの日に、森の中に色付きのたまごを隠して、子供たちに探させる遊びがあります。近年では本物の卵だけでなく、卵をかたどったチョコレートも広く用いられています。

まとめ

「イースター・エッグの探し物遊び」にちなんで、開発者がソフトウェアの中に謝辞やスタッフロールなどのメッセージを紛れ込ませることも「イースター・エッグ」と呼ばれます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ