ビジネスメイクをする本当の意味とは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:657
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
「あなたの顔」=「会社の顔」。ビジネスでは“化粧”はマナーの1つです。

STEP1

働く女性にとって“化粧”は1つのマナーと言えます。しなくてもダメ、し過ぎてもダメ。「ビジネスメイク」という言葉があるように、仕事での“化粧”はおしゃれとは別の意味があります。

STEP2【スッピンは損をする】

“化粧”が必ずしも仕事に必要とは限りません。しかし、接客や営業を行う場合最低限のメイクは必要と思われます。
若い頃から肌のきめも細かくて、ファンデーションいらずとしても、自分の年齢には勝てません。バリバリと仕事をこなし、中堅社員となった時にノーメークはマナーとしてどうでしょうか?
中堅となり役職もついてきたときに、会社の看板を背負って人前に出る機会もふえます。女性は年齢と共に、忙しさや疲れがあからさまに顔に出ます。メイクが出来れば徹夜明けの顔だって隠せます。それがビジネスメイクの大切さ。
自分だけが「心地よい」「心地よくない」の判断ではなく、人から見て「心地よい」「心地よくない」を基準にできなくてはなりません。

STEP3【厚化粧もしくじる】

仕事での“化粧”はおしゃれとは意味が違います。服装だってON・OFFで使い分けるでしょう。化粧がOFFと同様の流行メイクでは、マナーに外れていると取られても仕方ありません。
多めの香水、「書きました~」と言って歩いているような付まつ毛とアイメイクなどは、OFFなら自分を素敵に演出するものでしょう。しかし、会社ではメイク技術の披露する場ではないのでNGとみなされます。
華美なメイクは仕事の本当の力量を下げるだけ。節度あるメイクが知性あるメイクとみなされるのがビジネスメイクの常識です。

まとめ

塗り過ぎてもダメ、塗らなくてもダメ。仕事のためのメイク術を磨きましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ