継続することで得られる効果

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:341
  • ありがとう数:0

はじめに

継続すること。簡単なようですが、息切れしていつの間にか続けることをやめてしまったこと、大なり小なりありませんか?

継続することで何が得られるかを知り、ビジネスシーンや私生活の中でのやりがいや目的を見つけていきましょう。

STEP1<b>継続することで得られる第一の効果</b>

第一の効果としては、その作業のスピード向上です。やり始めは、時間がかかっても、何度も繰り返すことにより、そのスピードは向上します。これは時間の短縮になり、もっとも分かりやすい作業の効率化(パフォーマンスの向上)につながります。

つまり、作業が効率化されるとおのずと、考える余裕を持てる,別の作業もこなせるということにつながります。

STEP2<b>継続することで得られる第二の効果</b>

第二の効果としては、その作業の理解度が上がるということです。はじめは理解できずとも続けることで、理解できるようになる、これは、学生時代の勉強やビジネスシーンでだれしもが体験したことがあるはずです。

つまり、継続することで、その道のエキスパートになったり、成績が上位になったりと上へ上へと自分自身を新たなステージに上げていくことが可能です。

STEP3<b>継続することに立ちはだかる壁とその対処</b>

継続していく過程で、次の2つの壁が立ちはだかる時があります。
①同じ作業の繰り返しは飽きる
②伸び悩み(停滞期)

①に陥る原因は、作業に慣れてしまったことにより、続ける目的や目標を見失っているからです。今の作業を継続することで何を成し遂げようとしていたのか、何につなげようとしていたのか、よく考え直しましょう。目的や目標が無くなると成長は止まってしまいます。

②に陥る原因は、あなたが継続していたことが着実にモノになって来ている証拠です。ステージが上になればなるほど、ピラミッド構造のようになっており、クリアするのは困難となってきます。よって、あなたの能力が限界に達しているわけではありません。限界と線を引くのではなく、それを乗り越えた先をイメージし、継続しましょう。

まとめ

生まれ持っての天才、というのはありません。天才と言われる人は皆、変わらぬ努力を継続してやっているものです。その努力を坦々と、黙々とやっている為、周りにいる人達は、あまり気づかないだけです。

限界の線を自分で引くことは簡単です。しかし、その先にあるものが何なのか知りたい、その先に行ってみたいという思いがあるのであれば、もう少し継続してみませんか?

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ