性器のつらいかゆみには市販薬

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:656
  • ありがとう数:0

はじめに

性器のかゆみがつらい時は、手軽に購入できる市販薬を使ってみてください。

病院に行って見てもらうには、少し勇気がいりますからね。

STEP1市販薬の成分

〇抗ヒスタミン剤・・・かゆみの発生源を抑える
〇局所麻酔剤・・・・・かゆみを鎮める
〇殺菌剤・・・・・・・菌の発生を抑える
〇消炎剤・・・・・・・炎症を抑える

市販薬はこれらの成分を混ぜ込み作られています。

STEP2市販薬の浸透性と感触

〇ジェルタイプ・・・水溶性でべたつかず伸びが良い。浸透性は低い
〇クリームタイプ・・乳剤性で軟膏タイプよりべたつかない。浸透性はジェルと軟膏の中間
〇軟膏タイプ・・・・油脂性でべたつき感あり。もっとも浸透性がある。

軟膏タイプが一番浸透性があり、効果が感じられますが、かなりのべたつき感があるので違和感を感じる人もいるかも。
かゆみの程度で、タイプを選んでもいいかもしれませんね。

STEP3症状が軽ければ3日くらいで症状が落ち着いてくるはずです。

しかし、一向に症状が改善されない場合はカンジダなどの感染症の恐れがありますので病院を受診することをお勧めします。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ