平成23年6月 火災警報器の設置義務 ご存知ですか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:342
  • ありがとう数:0

はじめに

今年6月より、住宅用火災警報機の設置が義務化されます。
万一に備え、すべての住宅で設置しなければなりません。

STEP1

火災が発生したときに、煙や高温に反応してブザーや内蔵された音声で火災を知らせる装置が火災報知器です。
煙に反応するタイプと、高温に反応するタイプの2種類があります。

STEP2設置することが義務付けられている箇所

1.寝室(寝室として利用する部屋全て)
2.台所
3.2階建住居の場合は、階段天井部

寝室と階段には煙感知式のものを、台所には熱感知式のものを設置します。

STEP3

火災で逃げ遅れる方というのが、睡眠中で火災に気づくのが遅れたのが原因というケースがとても多くあります。

いち早く火災に気づけば、火災をボヤ程度で抑えることも可能です。
大事に至らせないためにも準備しましょう。

まとめ

平成23年6月から、火災報知機設置の義務化がされます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ