動物性たんぱく質のススメ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:344
  • ありがとう数:0

はじめに

植物性ばかりがいいわけではありません

STEP1たんぱく質等、動物性よりも植物性、と思っていませんか?

たとえば、脂質の代謝に関係があるのはビタミンB2。
体内では、脂質を効率よくエネルギーに変え代謝を高めたり、
多くの物質代謝にかかわっています。
野菜よりも動物性たんぱく質の食材に多く含まれているので、
野菜だけ食べても脂肪燃焼効果としては、低いんです。

カロリーの数字ばかりを気にしすぎると、効率の良い代謝に
必要な栄養素が不足してしまいます。

STEP2ビタミンB2は、青魚やチーズなどの乳加工商品に多く含まれて

います。
意図的に取りたい食材としては、レバー類、チーズ、たまご、
納豆、サバ、ブリ、エリンギ、マッシュルーム、舞茸、パセリなど。

加工食品や外食続きの食生活では不足しがちな食材が多いですね。

体内に入った油をきちんとエネルギーに変えていくためには、
動物性たんぱく質が重要です。
野菜だけでなく、こういった食材も食べるようにしましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ