自宅で集中できる環境を作る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:590
  • ありがとう数:0

はじめに

家で勉強や仕事、趣味や創作に没頭したくても、周りは集中を妨げるものでいっぱいです。例えばセールスの電話や訪問、大音量でテレビを見る家族、外から聞こえる音声アナウンスなどなど…。集中できる環境は自分で作るしかありません。

STEP1<b>■ 電話に出ない</b>

電話はかかってきても出ません。携帯電話はマナーモードにして引き出しにしまうか、作業をする部屋とは別の部屋に放置します。固定電話の呼び出し音はOFFにしておきます。用事がある人はメッセージを残すので、後でかけ直せば良いです。

STEP2<b>■ 人が来ても出ない</b>

集中すると決めた時間内は、玄関に人が来ても出ません。宅配は可能であれば、自分の作業時間外に届くよう時間指定しましょう。

STEP3<b>■ 家族や同居人に協力してもらう</b>

家族や同居人には「今から集中する」宣言をしてからドアを閉めて、部屋にこもります。理由を話して理解を得ておくのが一番良いです。テレビやゲーム、音楽の音がうるさければ、ボリュームを下げてほしいと、丁寧にお願いします。

STEP4<b>■ 集中できる音楽を聴く</b>

自分が集中できる音楽を聴きながら作業をします。大音量で聴くと家族や近所の迷惑になるようであれば、ヘッドフォンを利用します。静かな音楽が外の騒音に負けてしまう場合は、騒がしいロック系やテンポの速いテクノ系で対抗するのも良いです。100%集中できなくても、嫌いな音楽でない限り外からの騒音・雑音よりはマシなはずです。

STEP5<b>■ 集中できる時間帯を把握する</b>

家族がテレビを見たりお喋りをする夕食後、同居人の仕事が休みの日など、どうしても集中できない曜日や時間帯を把握しておき、それ以外の時間帯に作業をするように計画を立てます。常に騒がしい環境の場合は、皆が寝ている早朝や夜中の時間を利用するという手もあります。

まとめ

家が狭い、兄妹と部屋を共有しているといった事情があってどうしても家で集中するのが不可能な場合は、あきらめて図書館やカフェなどを利用するのも良いですが、騒がしい環境に慣れる訓練をして、集中力を鍛えるのも良いでしょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ