本当は怖い“貧血”を知る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1304
  • ありがとう数:0

はじめに

 普段の生活にはあまり支障が無いことも多いのが貧血です。でも、貧血を放っておくと知らないうちに体調を崩してしまう原因になりかねません。
貧血について知った上で、適切な方法での予防をしていきましょう。

STEP1<b>貧血の危険度チェック</b>

 まずは、自分が貧血なのかどうかをセルフチェックしてみましょう。

  ・走るとすぐに息が上がる
  ・最近疲れやすい
  ・3食決まった時間に摂っていない
  ・好き嫌いが多い
  ・ジャンクフードをよく食べる
  ・指にささくれができやすい
  ・爪が割れやすい
  ・髪の毛が抜ける、切れる
  ・肌が荒れる
  ・月経時、出血が多い


 いくつ当てはまりましたか。当てはまった数で確認してください。

   0~2個:貧血の心配なし
   3~6個:注意が必要
  7個以上:貧血の可能性大

STEP2<b>貧血の原因と症状</b>

 貧血は自覚症状がありません。その為、検査で指摘されても放置してしまうケースが増えています。今は問題無くても、将来、免疫力が低下することによる体調不良に陥るかもしれません。
こんなことにならないように、貧血の症状がある場合は、早期改善をする必要があります。。

 ◇原因◇
  貧血の症状を自覚している人はほとんどが「鉄欠乏性貧血」と言われています。
  血液中のヘモグロビンを作る鉄分が不足するために起こる貧血です。この原因と
  して、偏った食事が原因で必要な鉄分の摂取ができていないことが挙げられます。
  女性は月経、その他に痔による出血で体外に出てしまうことも挙げられます。他
  に、病気(胃潰瘍やガンなど)が原因の出血も挙げられます。

 ◇症状◇
  体を動かすためには酸素は必要不可欠のものです。でも、貧血の人の場合は、酸
  素を運ぶヘモグロビンが不足しているため、軽い運動でも息があがったり、すぐ
  に疲れてしまったりします。これが、貧血の典型的な症状です。

STEP3<b>貧血を確かめる</b>

 貧血は自覚症状はないことが多いのですが、サインはしっかり確認できるものがほとんどです。以下の貧血のサイン(王道ですが)を見逃さないように日頃からチェックしましょう。

 ・爪が割れやすくなる  白っぽくなる
 ・ささくれができやすい
 ・顔に赤みが無くなり、黄色くくすんだ色・土気色になる

 貧血が進むと体内が乾燥してくるため、以下のサインも出てきます。

 ・肌が荒れる
 ・髪の毛が抜ける  切れる

 他に、普通に歩いているだけ(軽い運動)で息切れや動悸が起こる場合や、常にだるさを感じたり、いつも疲れていたりするのも、貧血からくる体内の酸素不足が原因かもしれません。

 また、血液の量が減少することにより、体中に血液を運ぶことができなくなり、「冷え性」になることも考えられます。今現在、冷え症を抱えている方は生活改善が必要です、

STEP4<b>貧血の予防</b>

 どうしたら貧血を予防できるのかですが、バランスの良い食事を心がけることが重要です。

 鉄欠乏性貧血なら鉄分を摂取すればいいのではと思うかもしれませんが、鉄分を有効に摂取するためにはビタミンやカルシウムは必要不可欠です。このことから、バランスの良い食事が必要なのです。
 貧血にはレバーとよく言われますが、レバニラ炒めはレバーと緑黄色野菜がバランスよく食べられるのでおすすめメニューです。他に煮干しやヒジキはカルシウムなど一緒に摂ると有効な栄養素も含まれています。また、小腹がすいたとき、ついついジャンクフードを食べてしまいがちですが、チーズに変えてみましょう。

まとめ

 貧血は改善した後、さらに意識を強く持つことが必要になります。改善しても元に戻ってしまうのも早いです。意識して、バランスのよい食事を常に心掛ける必要があります。

出典:フリーマガジン「デジマガ」
     教えて!デジマガクリニック - 貧血

関連するタグ

必要なもの

レバー 煮干し ひじき 鉄剤

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ