育児不参加の夫をイクメンにする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

今はイクメンなる言葉も生まれ、育児に積極的な男性も多くいますが、中には共働きなのに、まるで手伝ってくれない男性もいます。 手伝ってもらう方法を考えてみましょう。

STEP1★解決策その1

 
人それぞれ

人はそれぞれ違うので、育児を手伝ってくれない不満をもっていると、それがストレスになります。

不満で頭の中を一杯にしていないで、どうしたら手伝ってもらえるかを考えましょう。

STEP2★解決策その2

感謝の言葉

簡単なことを頼んでやってもらい、やってもらったらオーバーなくらいに感謝の言葉を言って、徐々にやってもらうことを増やしていきます。

STEP3★解決策その3

家事の方法を指導

やるのが面倒という気持のほかに、「やり方がわからない」から手伝わないということはありませんか?

女性には当然わかっているだろうと思うことも男性にはわからないかもしれません。

少しずつ家事のやり方を教えていきましょう

STEP4★解決策その4

諦める

いろいろやってもらえるように努力をしてみても、一向によくならないかもしれません。

そんなときは諦めましょう。

どうでも自分の希望に合わないと我慢ができずにいると、夫と激しくぶつかるか、女性がノイローゼなど体に影響がでていまいかねません。

上手に手抜きをしながら乗り切るしかないでしょう。

子育てでどうしようもなく手がかかる期間は考えてみれば短いものです。

まとめ

ほんとうは男性が女性にだけ育児を押し付けているのは無責任です。 言われる前に積極的に育児に参加しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ