発達障害児の偏食を理解しましょう。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5625
  • ありがとう数:0

はじめに

発達障害児には偏食が多いことがあります。理解していれば、お母さんも楽しんで食卓を囲むことができます。

STEP1<たくさんの味覚がある>

発達障害のこどもは、異常に嗅覚に過敏です。いやな臭いには我慢できない、食べるときには必ず臭いを嗅ぐという具合です。

STEP2<偏食への対応>

まず、安心して食べられる環境づくりをしましょう。
・周りの人が美味しく食べている。
・苦手なものがあっても無理やり食べささない。
・苦手なものに挑戦していたらほめましょう。

STEP3<学校での対応>

担任の先生はもちろんですが、学校長、支援の先生、保健室の先生と連携をとり、こどもが安心して給食を食べれるよう支援してもらいましょう。学校も家庭と同様な対応が必要です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ