防災に強くなる新システムを知る・活用方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:410
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ワンコは友達
J-ALERT(ジェイアラート)について、知っておくと心強いです。

STEP1

J-ALERT(ジェイアラート)って何ですか?


J-ALERTと言うのは、全国瞬時警報システム(ぜんこくしゅんじけいほうシステムと言う名前の略称です。ちょっといいにくい略称ですが、覚えておくと役に立ちます。

通信衛星と市町村の同報系防災行政無線を利用し、
緊急情報を住民へ瞬時に伝達するシステムです。
2004年度から総務省消防庁が開発および整備を進めていて、
実証実験を経て2007年2月9日から一部の地方公共団体で運用が開始されています。

STEP2<b>運用開始はいつですか? </b>

既に一部の地域では始まっていましたが、
今回の震災で、運用開始を始める自治体が増えています。
詳しくは、住んでいる自治体に問い合わせをお勧めします。

STEP3<b> 具体的にはどういったシステムですか?</b>

緊急事態の発生から住民に情報が伝達されるまでの大まかな流れ・・

1:緊急事態の発生とその覚知

津波や武力攻撃等の緊急事態の発生後、気象関係情報については気象庁が、
武力攻撃等の国民保護関係情報については内閣官房がまず覚知します。

2:消防庁へ情報伝達

気象庁または内閣官房は覚知した緊急事態について、消防庁に情報を伝達します。

3:地方公共団体へ情報伝達

消防庁は通信衛星(SUPERBIRD B2)を経由し、緊急情報を全国の地方公共団体へ配信します。

4:住民へ情報伝達

消防庁からの緊急情報を地方公共団体が受信。
市町村において防災行政無線が自動起動されて、
サイレン吹鳴や音声放送等により情報が住民へ伝達されます。

STEP4<b> 防災無線が聞こえにくい方への行政サービス</b>

日頃から音声が聞こえにくい、また、難聴地域であったり高気密住宅にお住まいなどの理由で、防災無線が聞こえにくい方も多いかと思われます。
そんな方向けに、防災無線受信機能付きラジオや戸別受信機を有償・無償頒布している自治体もあります。
役所の防災担当課窓口へお尋ねになることを勧めます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ