部屋の片付けをすることで節約する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1556
  • ありがとう数:0

はじめに

ある程度の整理もできていない部屋、家、オフィスでは、気付かない間に無駄が生じています。例えば…

・あるはずの物が見つけられずに、結局買い直す
・買い置きしてあったことを忘れて、さらに買い足す
・コピー用紙や封筒などがぐちゃぐちゃになってしまって、買い直す
・借りた本などが汚れてしまい、買って返す
・集めればそれなりの額になるほどの小銭が散らばっている

「あれがない、これがない」と探し回るのは、時間の無駄でもあります。片付けはお金だけでなく、貴重な時間の節約にも繋がるのです。

足の踏み場もないほど散らかっていると、どこから手を付けて良いか分からず、面倒になってしまいますよね。ここでは効率的な片付けのステップをご紹介します。

STEP1<b>【ゴミをまとめて、捨てる】</b>

(「ゴミだけはちゃんと捨ててるよ」という人はステップ2に進んでください。)まずはゴミだけを拾ってまとめます。ペットボトルなどの資源ごみも集めてまとめておきます。時間や曜日の都合ですぐに捨てられない場合は、忘れないよう玄関の近くに置いておきます。

もう着ない・使わないけど捨てるのはもったいない、という物は人にあげるか、寄付するか、ネットオークションなどで売り払います。袋などに入れて一まとめにしておくのがポイントです。

STEP2<b>【カテゴリ別に分けて収納する】</b>

本、マンガ、CD、DVD、お菓子、食糧など、それぞれカテゴリ別に分けてまとめます(CDやDVDはちゃんと元のケースに戻してから)。棚などがある場合は収納していきます。収納しきれない物は、とりあえず紙袋にでも入れておきます。

STEP3<b>【掃除】</b>

足の踏み場ができたはずなので、今まで物で埋まっていた床・畳に掃除機をかけましょう。ほうきやコロコロでもOKです。

STEP4<b>【収納グッズを利用する】</b>

収納しきれなかった物は必要に応じて棚や収納ケースを買ってきます。小さい物は空き箱を利用しても良いです。文房具など良く使うけれど散らばりやすい小物は、100円ショップで買える小さいプラスチックケースなどに全て放りこんでおきます。その中はぐちゃぐちゃで構いませんが、使ったら毎回その中に戻すようにするのがポイントです。

まとめ

どこに何があるか、ストックがどれぐらい残っているかを、できるだけ把握しておくこと。物を使ったら、きちんと元の場所に戻さなくてもカテゴリ分けしたセクションには戻すこと。新しい物が増えた場合も、属するカテゴリーを初めに決めること。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ