子どもに読解力をつける読書の方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6267
  • ありがとう数:0

はじめに

読書書は国語力を高めるために必要なものですが、ただ沢山本を読めばいいというわけではありません。どんな文章を読めばいいのでしょうか?

STEP1読書の量より質を重視する

次はどうなるのか、好奇心を刺激させるような、内容の分かりやすい面白い文章であること。その点を注意しつつ子どもが興味を持つことができる内容のものがよいです。

STEP2偏ったジャンルばかり読まない

さまざまな内容の文章を読むと、興味を広げることができ語彙も増えます。子どもは自分で選ぶときは好きなジャンルに偏りますので幅広いジャンルの本を読む方が理想です。

STEP3短い文章を毎日読む

あまり長いものは読む意欲を失うかもしれません。短い文章を毎日読んでいくと慣れてくるので、少しづつ読める長さを伸ばしていくと次第に長い文章も苦にならなくなってきます。

STEP4質問する

どんなことが書いてあったかを親が積極的に質問すると、読み流すことも少なくなり、頭にとどめようとします。自分の考えを頭の中でまとめ言葉にすることが上達してきます。質問に答えたら沢山ほめてあげてください。子どもは考えながら読むようになりまとめる力がついてきます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ