ワカメを無駄なくおいしくいただくためのポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:648
  • ありがとう数:0

はじめに

ワカメの旬は春先です。天然物は2~5月くらいまでに採れたものが良品とされています。
”海の野菜”のワカメをおいしくいただきましょう。

STEP1【ワカメの基本】

ワカメの色は暗褐色で、根・茎・葉に分かれます。
通常ワカメといえば葉の部分になります。
葉の中央にある茎は茎ワカメと呼ばれ、炒め物や煮物・漬けものなどに向きます。
茎の根元の部分は芽株やワカメのみみと呼ばれ、ミネラルが豊富で珍味として
好まれています。

STEP2【ワカメの下処理の方法】

*生ワカメは熱湯にさっとくぐらせます。鮮やかな緑になったらすぐ水にとります。
そうすることで味を含みやすくなります。
*塩蔵ワカメは塩を抜きます。
火を通さずに使う場合は、生ワカメと同じように熱湯にくぐらせます。

STEP3【茎や芽株の調理方法】

*茎も細かく刻んで炒め物、煮物、漬けもの、酢の物、サラダに使います。
*芽株は細かく刻むとねばねばになります。みそ汁に入れたり、
しょうゆやおろしショウガを加えてご飯にかけるとおいしいです。

STEP4【生ワカメの豚肉と卵の炒め物】

1、生ワカメ(60g)を熱湯にくぐらせ水にとり、豚肉(100g)とともに
一口大に切っておく。
2、卵(2個)を溶きほぐし、塩・コショウで下味を付けておく。
3、赤唐辛子(1本)の種を取り、ニンニク(1かけ)とともに輪切りにしておく。
4、鶏ガラスープ(大さじ2)、しょうゆ(小さじ1と1/2)、砂糖(小さじ1)
ごま油(小さじ2)を混ぜ合わせる。
5、フライパンにサラダ油を熱し、2の卵を炒めて取り出す。油を足して唐辛子・
ニンニクを炒め香りが出たら、1を加え4で味付けをし、炒めた卵を戻して
さっと炒め合わせたら出来上がり。

STEP5【ワカメの利点】

ワカメはビタミンミネラルが豊富です。
ワカメの他に、モズクやひじきも旬の時期です。
”海の野菜”を上手においしくいただきましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ