ひとりでも困らない引っ越しの方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
なにかと忙しい引っ越し。業者さんへの対応に、ひとりでも困らない方法とは!?

STEP1

引っ越し先の各部屋の目立つ場所に、写真のような「間取り図」をつくって貼っておきましょう。
自分がほかの用事で忙しいとき、図をみながら荷物を運び入れてもらえます。

STEP2

ダンボール箱などには、「和室・押入れ・上」「洋室」などとマジックで大きく書いておきます。
これをすることで、小さい荷物なども押入れの中まで入れてもらえるので大変ありがたいです。

STEP3

廃棄する荷物があるときも、「廃棄」というふうに「赤字」などでわかりやすく書いた紙を貼っておきます。
引っ越し先へもっていく荷物を積み終わった後、廃棄処分する分をわけて積んで処分してもらえます。

まとめ

「間取り図」は、実際の部屋と家具を縮小したものを正確につくります。コンセントの位置も重要ですので、しっかり確認してからレイアウトを決めましょう。 段ボール箱は有料になっている業者もあるので、荷造りに使う前に確認しましょう。もし、有料なら、スーパーで空き箱をもらってきたり、段ボール箱のかわりに大きなビニール袋などに詰め込むのもいいでしょう。 人手不足のときでも、ちょっとした工夫で楽々引っ越しができますので、参考にしてくださいね。 もちろん、業者さんにはお礼の品や休憩用のお茶を渡すことを忘れないように!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ちょっとした発想の転換

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ