人の感情を動きから読む方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:784
  • ありがとう数:0

はじめに

人間はさまざまな感情を持ち、時にはそれを周囲に気付かれないようにするものですが、傾向としてどのような仕草をするのかまとめました。

STEP1嬉しいとき

上への動作:トビ跳ねる、ジャンプするなど
横の動作:スキップする、走り回る
感情表現:人に抱きつく、手を上げるなど

全身で大きく表現をすることが多いです。喜びは抑えたほうがいいという場面は少ないので大きい表現になるのです。

STEP2悲しいとき

背中を丸め込む
のろのろと歩く

全体的に体の動きが鈍くなる傾向があります。ただ、とにかく時間をやり過ごそうとする心理から来るものです。

STEP3驚いた時

体が縮こまる
後ずさりする
口を覆う

後退や防御の姿勢になります。自分の身を守る行動が無意識に出るのです。

STEP4嫌な気持ちになった時

顔、髪など自分のどこか一部に触れる
体を引く
腕や足を組む

体のどこかを少しだけ動かして自分の気持ちを紛らわせようとします。あまり大きな動作をしません。嫌な気持ちを悟られないようにという心理が働くためです。

STEP5

場面によっては自分の感情を出すことができないときがありますが、こうしたちょっとした仕草はどこかしら出ていたりします。ちょっとした仕草から相手の感情を読むことができるようになればコミュニケーションが取りやすくなりますね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ