薬物乱用から子どもを守る

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:285
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
怖さを知らず、好奇心と周りの影響から手を出してしまう薬物。

STEP1乱用者のほとんどは10から20代で薬物を経験しています。

除光液など家庭でも手に入りやすいシンナーは中学生から。
高校生で覚せい剤に手をだし。
留学先で覚えた大麻を日本に持ち込む事例もあるそうです。

STEP2

薬物は脳を破壊し、精神と体の健康を害します。判断力や理性の低下、臓器にも異常をきたします。
目つきが違う、落ち着きが無い、暴力的な態度を取る、帰宅時間が遅くなる、服装が乱れる。などの変化がありますが、思春期はこうした乱用のサインを見逃しがちです。

STEP3

タバコや飲酒が入口になることも多いので、早い段階でストップをかけることが重要です。
まさかっ!!と思ったら、警察署などに相談を。

まとめ

photo by 写真素材足成

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ