心理学「2・6・2の法則」って何?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:715
  • ありがとう数:0

はじめに

アリのグループは「よく働くアリ(2割)・普通に働くアリ(6割)・全然働かないアリ(2割)」の3パターンに分かれるそうです。
この現象はアリだけではなく、人間の世界でもこのような現象が起こるとされ、これが
「2・6・2の法則」です。

STEP1

集団を作ったとき「2割の人は一生懸命働き(リーダーシップを発揮)、6割の人は普通に働き(リーダーをサポート)、残りの2割の人はあまり働かない」という組織が出来る法則です。

STEP2

そして興味深いのは、あまり働かない2割りのグループをリストラしても、残った従業員の中から、働かないグループが2割ほどできてしまう事ということです。

少数精鋭のエリート集団を結成したとしても、大なり小なり「2・6・2の法則」が成り立つというわけなのです。

この法則を上手く利用し、働かない人たちを1つのグループにまとめると、今まで成績が上がらなかった人たちの潜在能力が目覚めるかもしれませんね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ