花札の「あのよろし」「みよしの」ってどんな意味?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5170
  • ありがとう数:0

はじめに

花札は、日本の伝統的カードゲームです。
一組48枚に、12か月折々の花が4枚ずつに書き込まれています。

STEP1ところで「梅の短冊にある「あのよろし」って何だろう?」って

疑問に思ったことありませんか?

「あのよろし」をよ~く見ると「の」の上に点があります。
これは変体仮名といって、現在使われているかな文字とは異なる字体となっています。
1900年に仮名字体が統一されて、この文字(「の」の上に点がある文字)は省かれてしまい、現在は使われていません。

STEP2

この文字(「の」の上に点がある文字)は「か」と呼ばれていました。
つまり「あのよろし」ではなく「あかよろし」ということになります。
「あかよろし」の意味は「明らかに優れている」です。

「みよしの」は桜で有名な奈良にある吉野山を敬った言葉となります。
だから桜の短冊に書かれているのですね。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ