「村八分」の八分って?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:331
  • ありがとう数:0

はじめに

「村八分にされる」や「八分にする」という言葉。
これは「仲間はずれにする」「ボイコットする」という意味で、今でいう「シカト」に近い言葉です。でもこの「八分」ってなんなのでしょう。 

STEP1この語は農村の古い慣習から生まれたといわれています。

 
村には十の行事がありました。それは「冠」「婚礼」「葬式」「建築」「火事」「病気」「水害」「旅行」「出産」「年忌」です。

そして村人が罪を犯した場合、村全体でこれら十の行事のうち、八つを絶ったのです。これが「八分」です。

STEP2残る二つは「葬式」と「火事」。

「火事」は本人のためというよりも、近隣に火を燃え広がらせないためだと考えられます。「葬式」は死んだらもう罪はないということなのでしょうか。実質的に生きている限り全ての付き合いを絶たれるということなのです。

とても厳しい制度ですが、こういう制度によって村人の仲間意識は非常に強いものになったのではないでしょうか。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ