桜“ソメイヨシノ”の歴史

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:707
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
桜の代名詞ソメイヨシノについて紹介します。

STEP1

ソメイヨシノは、日本の桜のおよそ8割を占めるといわれています。
しかし、日本古来の野生種ではないのです。

STEP2

幕末のころ、江戸の染井村(現在の巣鴨近辺)にいた伊藤伊兵衛政武という植木屋がオオシマザクラとエドヒガンを掛け合わせて作ったそうです。
当時は桜の名所である吉野の名から“吉野桜”と呼ばれていました。
しかし吉野との区別がまぎらわしいため、明治33年(1900)本草学者の藤野寄命が染井村と吉野を合わせて、“ソメイヨシノ”と名づけました。

STEP3ソメイヨシノの美しさから明治期以降、日本中に広まりました。

また従来、ソメイヨシノの寿命は50~60年ほどと言われていましたが、近年のサポート体制の充実などから100年を超える老木も見受けられるようになりました。
桜は昔から日本人の心を癒し、大切に育てられてきました。

まとめ

photo by 写真素材足成

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ