忙しい人の毎日“ちょこっと”掃除のコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3828
  • ありがとう数:0

はじめに

 家事以外の仕事を持つ主婦にとって、お掃除は大変です。毎日、しっかり掃除はしたいけど、時間がなかなか取れなくて、という方が大半ではないでしょうか。
 そんな忙しい方や、一人暮らしを始める方も、美化剤を利用しながらコツを覚えて、毎日少しの掃除できれいな部屋を保つことができます。

**美化剤:市販の掃除用洗剤などのことです。

STEP1<b>お掃除のコツ</b>

 まずは基本の3つのコツを覚えて、毎日の“ちょこっと”掃除に備えましょう。

◇段取り◇
 掃除の基本は「上から下へ」「奥から手前へ」です。
 これらを踏まえて、「どこをどのように」と全体の段取りを考えます。

◇ついでに◇
 汚れは「後で」と思っていると、いつの間にか頑固者へと変身してしまいます。
 食事の支度で使ったレンジはこまめにふき取りましょう。また、後片付けが終わったシンクも、ついでにサッと洗い流しておきましょう。これだけで汚れ具合が違ってきます。

◇水まわり◇
 水まわりはお手入れを間違えると、嫌な臭いやカビなどが発生します。
 普段からマメに換気を行い湿気の滞留を防ぐことで、嫌な臭いなどは抑えることができます。
カビに関しては、発生したらカビとり剤を利用して、早い段階で処理をしてしまいます。カビはすぐに広がって取れにくくなります。その前にやっつけてしまいましょう。

STEP2<b>実践 キッチン・リビングの“ちょこっと”掃除</b>

◇リビング編◇
 棚やテレビなどの家電品が多いリビングの“ちょこっと”掃除には、「ハンディタイプのほこり取り」を利用します。デコボコしたところも簡単にほこりを取り除いてくれます。最近は、柄が伸びるものもあるので、上の方も掃除が簡単です。

◇キッチン◇
 水垢が付くと、ピカピカのシンクや蛇口周辺がくすんでしまいます。シンク周り専用のスポンジを用意しておき、食器の後片付けの後に、食器用の洗剤でササッと洗っておくと水垢が付きにくくなります。
 ちょっとしたほこりや、手垢などはキッチン用シート(除菌ができるもの)でササッとふき取ります。床や冷蔵庫にも使えて便利です。除菌ができるものであれば、一緒に除菌までしてくれますので一挙両得です。
 油汚れが気になるところは、キッチンスプレーでふき取ります。油汚れに強いスプレーがお勧めです。仕上げに水ぶきでスプレー剤が残らないようにします。

STEP3

実践 トイレ・浴室・洗面台の“ちょこっと”掃除

◇トイレ◇
 トイレ用掃除シートを利用すれば、どこでも簡単にきれいにできます。また、中性洗剤をトイレットペーパーや乾いた布にスプレーするとシートと同じように拭き掃除が簡単にできます。
 便座やタンクと一緒に、洗浄ノズルやドアの取っ手も拭いてしまいましょう。
 床はもちろんですが、忘れないでほしいのが、スリッパの裏です。いくら床をきれいにしても、スリッパが汚れたままだと汚れを広げてしまいます。床掃除とスリッパはセットで必ず掃除してください。

◇浴室◇
 お風呂用洗剤をバスタブに使用して毎日お掃除はしていると思いますが、壁やお風呂用椅子やテーブル(最近のユニットバスには棚のようなものが付いています)にもスプレーして洗い流します。一緒にシャワーの柄の部分もスプレーしましょう。ザラツキがある場合は、スプレー後に少しこすり洗いをします。きれいに落ちて気持ちよく使えるようになります。バスタブ以外は毎日じゃなくてもいいと思いますが、こまめにスプレーで掃除してください。

◇洗面台◇
 洗面台ですが、お風呂洗剤が役立ちます。洗面ボウルの石鹸カスなどは、きれいに落とすことができます。いろいろなところで言われていますが、細かい部分は使い古しの歯ブラシを使って掃除しましょう。こまめに細かい部分も掃除をすると大掃除がとても楽になります。

まとめ

 毎日”こまめ”に掃除することが、“ちょこっと”掃除です。汚れたらすぐに掃除をくり返してください。
週末になったら、窓をガラリと開けて掃除すると、空気も入れ替わり気分もスッキリします。

出典:フリーマガジン「デジマガ」
くらしの知恵袋 美化剤活用法

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ