七味唐辛子はどうして『七味』なのでしょう。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1281
  • ありがとう数:0

はじめに

うどんを食べる時など欠かせない七味唐辛子ですが、なぜ『七味』なのでしょう。

STEP1

江戸時代の初期にからしや徳兵衛という人物が漢方薬をヒントに、粉末にした唐辛子に山椒やのり・ごまなどを混ぜ合わせて当時の両国薬研堀(現在の東日本橋)で売り出したのが始まりだそうです。
ブレンドすることにより辛みがマイルドになり、香りもプラス、食感も楽しめるようになり、ヒット商品になったようです。

STEP2

そして肝心のなぜ『七味』なのかですが、七福神・七五三など『七』が縁起のよい数字であったということに由来しますが、現在ではより深い味を出すため、さらに数種類の原料をプラスしてある場合も多いようです。

STEP3

ちなみにハウス食品の「七味唐がらし」は、唐辛子、山椒、胡麻、麻の実、陳皮、青海苔、ケシの実の7種類となっている。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ