漏電測定方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:788
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンナ
テスターなどで漏電している場所の確認するための計測方法についてです。

STEP1

元のブレーカーを切って、その下(負荷側)にもブレーカーが有れば全部切っておきます。

STEP2

負荷側のブレーカーの更に負荷側の線で測ります。

STEP3

そことアースの間に、テスターを繋ぎ抵抗値を測定します。

STEP4

漏電ブレーカーが落ちるくらいで有れば、抵抗値は相当低いはずです(100Kオーム以下)。

まとめ

通常はメガーなどで測定し、10Mオーム以上とか、絶縁耐圧が500Vとかにするわけですが、原因追及だけならば、上記の方法でもいいでしょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ